青汁の効能について

はちみつ

苦い、まずいと言われる青汁ですが、最近は美味しくなっています。
牛乳や豆乳、ヨーグルトにかけると美味しく摂取することができます。
また、青汁は緑黄色野菜をミキサーにかけて家庭で作ることもできます。
慢性的な野菜不足を解消するために飲んでいる人もいます。
また、青汁を長期間飲むことにより、コレステロール値の正常化に力を発揮したり、貧血を予防することができることがあります。
メーカーやブランドによって青汁の原材料は違いますが、大麦若葉やケールが一般的です。

お弁当に

シソ色

お弁当には欠かせない梅干し。
特に夏場には腐敗予防に梅干しを一個白いご飯の上に乗せておくだけで随分もちが違います。
梅雨に入った頃にスーパーなどの店頭に並ぶ青梅を漬ける家庭も数多くあります。
同じ作り方でも塩分を控え目にしたり家庭によって味が違ってきます。
抗酸化作用のある梅干しは人間の体の酸化を防ぎ、ガンや生活習慣病に効果があると言われています。
しかし、塩分が多く含まれているので、一日二個を限度に摂取したいものです。

自分で手作り

梅の木

干し柿は家庭で作ろう
柿が赤くなれば医者が青くなると言われる柿ですが、干し柿にすればさらに栄養価がアップします。
干し柿は一般的に渋柿をむいて天日干しにすることにより、作ることができます。
家庭で一ヶ月ほど干せば簡単に作ることができます。
干し柿に含まれるカリウムは高血圧や脳卒中予防に効果があるとされ、むくみや二日酔いの軽減効果も知られていますています。
生の柿は体を冷やしますが、干し柿は胃腸を丈夫にし、体を温める作用を持っています。

通販などで売られている

甲南

青汁も健康食品
梅干しは健康食品なので自家製にこだわる人もいれば、市販の南高梅の上品な梅干しを購入する人もいます。
手作りに比べて、市販の完成品は3倍くらいの価格ですが、手間と失敗のリスクを考えると、飼っている人も多いです。
健康食品といえば、青汁もそうですが、かなり飲みにくい苦い味のイメージはかつてのCMのせいだと思いますが、現在はかなり味もまろやかになっているようです。
スーパーにも売られていることもありますが、通販が多いようです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
August 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031